魏志倭人伝 邪馬台国に関して魏志倭人伝に女王国より以北特。私の推論邪馬台国は連合30余国の総称。邪馬台国に関して魏志倭人伝に「女王国より以北、特に一大率を置き諸国を検察しむ、諸國はこれを畏れ憚る 常に伊都国に治す 国中に於ける刺史如くあり」 (「女王国の北側には、特別に一大率を置き諸国を監察させており、諸國はこれを畏れ憚っている 常に伊都国で治められている あたかも魏の刺史(しし)のようである」)とありますが、 女王国(邪馬台国)の北側に伊都国があるという事ですか 邪馬台国時代の「検察」。魏志倭人伝」は。3世紀後半に中国の歴史家である陳寿が編さんした史書「
三国志」の一部であり。その中に。「女王国より以北には。特に一大率いち
だいそつを置き。諸国を検察せしむ。諸国これを畏憚す。常に伊都国邪馬台国はどこか。邪馬台国のことが書かれた倭人伝は。正確には「魏志東夷伝倭人の条」と言
われる三世紀の中国の魏の国の正史である。では。倭人伝の。邪馬台国比女
王国より以北には。特に一大率を置き。諸国を検察せしむ略 .女王国の東
。海を

邪馬台国。七万余戸の人口があり。国の以北にある諸国を検察するため伊都国に常駐してい
た一大率あるいは大率という官が特置女王卑弥呼の死の直前。従来より不
和であった狗奴国のちの肥後国球磨郡。現在の熊本県球磨郡一帯かと戦い。
戦乱しかし『魏志』倭人伝の文献研究は深められ。邪馬台国の性格や構造。
卑弥呼の王権についての研究も著しく進み。関係邪馬台国 やまたいこく 弥生
やよい文化中?後期に確認される倭わの女王国。『魏志倭人伝ぎしわ
じんで一大率とは。《魏志倭人伝》に〈女王国より以北には,特に一大率を置き,諸国を検察せしむ
〉とある。さらに同書には〈諸国之これを畏憚す。常に伊都国に治す〉と
みえるので,一大率は邪馬台国が,北方の国々を検察するた一大率の設置
主体が。魏か女王国かいずれであったかについては説が分かれる。 [門脇禎二]

魏志倭人伝。魏志倭人伝 倭人は。帯方郡*の東南の大海の中にあり。山や島によって国や村
をなしている。もと百余国に分かれていて。漢の時代に*『後漢書』では三
〇国のすべてについて「国皆王を称し。世々統を伝う」とし。これに対し「大倭
王は邪馬台国に居る」としている。この部分を「便ち大倭のこれを監するに。
女王国より以北に一大率を置き???」と続けて読み。大倭を邪馬台国の上位に
ある大和女王国より北には。とくに一大率*をおいて諸国を検察させている
。魏志倭人伝原文。自女王國以北 特置一大率檢察 諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史 王遣使詣
京都帶方郡諸韓國及郡使倭國 皆臨津捜露 傳送文書賜遺之物詣女王 不得差錯 「女
王国より以北は。特に一大率を置き検察し。諸国はこれを畏憚す。常に伊都国に

近畿朝倉会。月1回の例会で「遺跡?旧蹟めぐり」を開催。現在130回を数える。 ?同時に
。邪馬台国紹介のHP「邪馬台国大研究」を立ち上げ。現在アクセス数110万
人を数える。 ?現在。女王國より以北には。特に一大率を置き。諸國を検
察せしむ。塞曹史張政等を遣わし。因 って詔書?黄幢を齎し。難升米に拝仮
せしめ。檄を爲してこれを告喩す。女王国より北の方角についてはその 戸数?
道里は記載できるが。その他の周辺の國は遠くて交渉が無く。詳細は不明である

私の推論邪馬台国は連合30余国の総称。その首都国は糸島半島の伊都国。伊都国だけが佳字で、他国は奴とかの婢字なので、首都に敬意を払っている。一大率は、軍隊の長将軍の意。伊都国から南に邪馬台国連合国の版図があり、それらをぐるっと全部回ると、ざっと水行10日陸行1月。漢委奴国王の金印は、漢の倭の奴の国王ではなく、漢の伊都国王と読むのが正。糸島が首都なのは古代の宗教的太陽信仰に神聖な場所だから。人口が多く、町があったのは博多。例えが悪いが、宗教的に重要な比叡山の座主が卑弥呼で、人びとの暮らす町は京都にある感じ平原古墳が卑弥呼の墓。副葬品の鏡が全て割られていたのは、巫女の霊力が衰えたから。日食と結びつけて殺されたという、井沢元彦説と同じ。日向峠の朝日が股間に差し込む向きに葬られていた太陽信仰の霊力復活の葬り方か?古事記に出てくる日向は宮崎県ではなく、日向峠のこと。大和王権のアマテラス=卑弥呼と想像するが、神話をパクったのか、同族だったのかは不明。ただし、どちらも太陽信仰がある。伊勢神宮の八咫之鏡サイズと平原古墳の鏡サイズは同じで、どちらも国内最大級なので、平原古墳の人物と大和政権に繋がりがあると見るべきか?でも、簒奪した可能性もある。大鏡を祭祀として、有り難がってるの邪馬台国も大和政権も同じく。今後の両者の鏡の研究に期待。以下のとおり、女王国邪馬台国の南側に伊都国があると考えます。朝鮮半島南部:女王国以北一大率が監察?女王国邪馬台国?狗耶韓国九州:末蘆国?伊都国一大率が常治?奴国その理由は、以下のブログにあります。 の「邪馬台国は朝鮮半島南部にあった理由」です。そうです。伊都国は邪馬台国の北にありました。魏志倭人伝に記載のある国は北から順番に戸数と道里の分かる七国狗邪韓国、対馬国、一大国、末盧国、伊都国、奴国、不弥国があり、それらの国の南に邪馬台国があって、その南に名前だけが記載された21国があり、そのまた南に狗奴国があるようになっています。今、YouTubeの動画で『騎馬民族説で邪馬台国の全ての謎が解ける Ⅰ』と言うタイトルの動画が配信されており分かりやすく説明されています。Ⅰが邪馬台国の場所を九州に求める動画で有り、Ⅱは騎馬民族説の説明になっています。Ⅰを見て下さい。書いてることを真に受けたら女王国の北側に伊都国があります。しかし書いてることを真に受けたら邪馬台国がありません。今の地図で判断してはダメ。あれは日本列島が右回りに90度回転した地理観で書かれているから。「女王の宮殿」-「伊都国」-「伊都国の出先機関の長官、一大率」と言う関係ではないでしょうか。「女王国著者陳寿の政治的制約で範囲が大い以北」。本当の以北は「対海国、一大国、末盧国、伊都国、奴国、不弥国」これらの国を、伊都国内に「一大率現在の周船寺付近か?」を置いて検察している。自分達の説の整合性の為にあえて曲解して読むということをしなければ、そうなります。一大率は邪馬台国の北と読めます。ただ、魏志倭人伝の通りに進むと、邪馬台国は九州の南の海上になってしまいます。当時の中国人は時計回りに90度回転させた日本列島のイメージを持っていました。編集した陳寿は、方角を書き改めたのでしょう。または写本の過程で書き改められたのかもしれません。いずれにせよ、3世紀中葉以降が古墳時代と定義されたので、台与は古墳時代の人となりました。また九州から有力な3世紀の都市遺跡や魏との交流遺物は全く出ていません。「魏志倭人伝を読み解いた!」と仮説を叫び、本を売るか講演会で収入を得る人ばかりで、何ら実証されていません。その意味以外ないです。近畿説では西の間違いとなります。

  • 高校生です 高二の時胸測ってらったらE65で去年極端痩せ
  • 継続か特権か 企業の代表の世襲否定されるべきでょうか
  • 185系大解剖 185系新快速の運用就いたら新快速のグレ
  • 苗作り2013年 先日オオデマリの1m程の苗木購入たの幹
  • 仕事を辞めたい 新卒で入った会社3年以内でやめたら転職す
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です